せとうちだより

2014.04.30

淡路サービスエリア下り線リニューアル記念イベント

淡路サービスエリア下り線では、4月26日(土)、27日(日)「淡路SA下り線リニューアルオープンイベント」を開催いたしました。

26日は、9時から焼き立てパンのお店「神戸ベル」が、オープンした記念に焼き立てパン100個をプレゼント、また、ミスタードーナツは関西初となる米国のフードトラックをイメージした店になり、記念としてポンデリング100個をプレゼント、すごい行列であっという間に無くなってしまいました。
館内レストラン前では、淡路島の伝統芸能である淡路人形浄瑠璃を地元三原中学校郷土部のみなさんが、力いっぱい披露していただきました。10:30~と13:00~の2回公演で、大勢の立ち見のお客様がでるほど盛況でありました。
 
屋外大屋根のもと中央広場では、淡路島ハンバーガールコンサートと大道芸が、9:30~、11:30~の2回公演されました。多くのお客様に集まっていただき、小さなお子様がハンバーガールの振り付けを一緒に踊るなど大いに盛り上がりました。
 
27日は、前日同様「焼き立てパン」「ポンデリング」各100個が5分で無くなり、鳴門市のゆるキャラクイズ大会も行列ができる盛り上がりを見せ、屋外中央広場では、11:00よりみなさんお待ちかねの「マグロの解体ショー」がはじまりました。はじめにお越しいただいたお客様に大きな包丁を使っての入刀式をしていただき、そのあとを引き継ぐ大田忠道氏率いる大田軍団が、鮮やかにマグロを解体していきます。マグロは、その場で「づけ」にされ約500食ほど振舞われました。
 
お天気にも恵まれ、最高のGW前半でした。